湘南三線のど自慢新聞 vol.16

第16回大会 2020年5月9日(土)藤沢市民会館小ホールでの開催は中止になりました。応援福袋でのご支援ありがとうございます!また来年開催をお楽しみに。

いよいよ最終4組の紹介です

昨夜遅く次々メールが来ました。
皆さん12時を過ぎてましたね・・・お忙しい中ありがとうございます。
早速21組目、ご紹介します。



ゆんた

鵠沼三線クラブゆんたです。
江ノ島に程近い、鵠沼公民館にて、
月に三回程度、土曜夜7時から練習しています。
公民館祭りや老人ホームなどを中心に、ライブもやっています。
興味のある方はのぞきに来てくださいね!
今回は女性三人がなりきりネーネーズとなって「島々かいしゃ」を唄います。
残る男性一名は知名定男?(のつもり)
メンバー作詩の替え歌「相模路かいしゃ」にもご注目を!



内輪の話ですが
三線クラブ忘年会で“なりきりメイド”になってたのも
このお3人ではなかったでしょうか・・・・。
相模路かいしゃの歌詞にも注目ですね!楽しみです。
次の皆さんも三線クラブの?あれ、初めてのお顔が・・・



うりずんの風

今回初出場。
オキナワに魅せられた仲間達で今回の為だけに結成いたしました。
結成にあたり、人のつながりを深く感じております。
その皆さんに感謝を返すべく、湘南に新たな「うりずんの風」を吹かせます!
湘南からますます「三線の花」が咲きますように。
是非、応援ヨロシクお願いします。



結成にどんなドラマがあったんでしょうね♪
インタビューしてみたいですね〜、よろしく、司会のまさちゃん。
曲も大会テーマにふさわしい「三線の花」、
演奏、期待しています!
では次のお二人は



Kenmun's

初めまして…。
初コンビ『Kenmun's』です!!

バリバリの古典「野村流」の「ちん」
民謡「横浜敬絃会」のミラクル「Rei

最初で最後(?)…かもしれない組合せ(笑)
憧れの「湘南三線のど自慢大会」の舞台に一緒に出場できて光栄です。

遠距離ゆえ、たった2回の唄合せ(汗)
思う存分 恥けさせて頂きます!!
応援 ゆたしく うにげ〜さびら



「ちん」さんは遠く名古屋からのご参加、
前大会の素敵な大会写真を沢山撮ってくださった優秀カメラマンでもあります。
Rei」さん、2年ぶりの参加ですね、
この2年のいろんな想いを込めて、めいっぱい唄ってくださいね。
さて、いよいよ最終組、大会本番の出番も最後のグループのご紹介です。



つくだ

曲は「恋の花」です。
「雪が降り、庭には梅の花も咲いているのに
あなたの胸は南風が吹いているように暖かい…」と唄います。




突然出場が決まって、準備も短いかと思いますが(それもトリ)
どうぞ普段通りの素敵な唄声を聴かせてくださいね。
(実は第3回第3位のとき、私は個人的に衝撃をうけたのです〜)
よろしくお願いします!




以上、エントリー24組のご紹介でした。



のど自慢新聞は、まだまだ、ゲストのご紹介&賞のご紹介など、
大会当日まで盛り上げていきますので、
まだまだご愛読くださいね。



それでは〜。