湘南三線のど自慢新聞 vol.16

第16回大会 2020年5月9日(土)藤沢市民会館小ホールでの開催は中止になりました。応援福袋でのご支援ありがとうございます!また来年開催をお楽しみに。

みんなで唄おう!安里屋ユンタ

今日はすこしあたたかくて、春を感じさせる陽気でしたね。

さて、先日ご紹介したスタッフ演奏とゲストステージの最後に、
みんなで唄おう!安里屋ユンタ(新、がつくほうのです)のコーナーがあります。
これは皆さんで唄って、三線持ってきて下さってる方は一緒に弾こう、というコーナーです。

今年はプログラムに歌詞を載せました!
5番は湘南三線のど自慢大会オリジナルの歌詞になっています。
ここでもご紹介しまーす!



みんなでうたおう!“安里屋ユンタ
  

1.サー君(きみ)は野中(のなか)のいばらの花か(サ〜ユイユイ)
暮(く)れて帰(かえ)ればヤレホンニ ひきとめる 
★マタハーリヌ ツンダラカヌシャマヨ



2.サー嬉(うれ)し恥(は)ずかし浮名(うきな)を立てて(サーユイユイ) 
主(ぬし)は白百合(しらゆり)ヤレホンニ ままならぬ 
★くりかえし



3.サー田草(たぐさ)とるなら十六夜月(いざよいづき)よ(サーユイユイ)
 ふたりで気兼(きが)ねもヤレホンニ水(みず)いらず 
★くりかえし



4.サー 染(そ)めてあげましょ紺地(こんじ)の小袖(こそで)(サーユイユイ)
 掛(か)けておくれよ 情(なさ)けのたすき  
★くりかえし



5.サー 湘南のど自慢 一度(いちど)はおいで(サーユイユイ)
 故郷(ふるさと)離(はな)れて三線の花が咲く  
★くりかえし




ぜひ会場で、5番の歌詞も、さんしんの日(3月4日)に皆さんで大合唱しましょうね!!
よろしくお願いしまーす!